iq サプリメント HOME > スポンサー広告禁煙 > 禁煙の禁断症状 眠気
おすすめサプリメントや健康・美容関連商品

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | サプリ | トップ

禁煙の禁断症状 眠気 

禁煙を始めるとすげータバコが吸いたい、吸いたくってたまらん。って禁断症状に襲われるのかと思ってましたが、わたしの場合は以外にもとんでもない眠気が一番の禁断症状でした。


実際は眠気とか優しいもんじゃなく、座ってて眠気がくると落ちてしまう。散歩して歩いているときでさえ、眠気がきて目をつむりたくなる。すぐ寝転びたくなる。などというたいそ強烈な眠気です。

禁煙 眠気の理由

タバコを吸うと、脳にあるニコチン受容体という部分にニコチンが結合して、快感を生じさせる物質(ドパミン)を放出させて、覚醒を味わいます。

で、タバコを吸うと簡単に快感や覚醒を味わえたんですが、禁煙してニコチンを脳に送るのをやめると、自力で起きていることさえつらいぐらいのニコチン切れ症状がでます。

これが、猛烈な眠気の正体。

非喫煙者はニコチンなしでも自力で覚醒や睡眠をコントロールできるように、禁煙をするとそのうち、自力で覚醒や睡眠をコントロールできるようになります。

わたしは、喫煙期間27年、喫煙量1日1箱から2箱でしたが、禁煙一ヶ月経っても、まだまだ眠気が続いています。

ニコチン中毒の度合いによって眠気期間に差がでるようですが、必ず直るようなのでお互いがんばりましょう。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
サプリメント ブックマーク
効果で探す
FC2カウンター
ワンクリック
応援してもらえるとうれしいです。




QRコード
モバイルからも簡単アクセス
QR

サプリメント 全ランキング

ブログ

あわせて読みたい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。