おすすめサプリメントや健康・美容関連商品

大豆イソフラボン 

近頃、疲れやすい、眠れない、いらいらするなどの症状に悩まされていませんか?

「年のせいだからしかたがない」とつらい症状とつきあっている方も多いと思うのですが・・・



ちょっと待って!女性ホルモンが不足しているだけかもしれません!

女性はホルモンによって、体をコントロールされているといっても過言ではないので、女性ホルモンが不足すると、体のラインが崩れたり、肌や髪の美しさが損なわれたり、神経のバランスが乱れたりと、さまざまな症状に悩まされます。

女性に優しい大豆イソフラボンを摂ると、女性ホルモンのバランスを整えて、女性独特の症状に効果を発揮するといわれています。

大豆イソフラボンはプエラリアなどとは違い、働きも穏やかなので体にも安心です。

女性ホルモンをサプリメントで補って、元気な自分を取り戻してみませんか?


大豆イソフラボンとは


大豆に含まれるポリフェノールの一種で、女性ホルモンのエストロゲンととてもよく似た働きをします。

女性ホルモン、エストロゲンの働きはというと、女性が妊娠、出産するための体作りや、美肌、美髪などを保つために欠かせない女性ホルモンです。


大豆イソフラボンの効果


年を重ねることやストレスなどでバランスを崩してしまいがちな、エストロゲンを補います。

更年期障害→40~50代に、エストロゲンの分泌が激減するために起こる症状も、大豆イソフラボンを摂取すれば、エストロゲンのバランスを整えるので、更年期障害の予防に役立ちます。

骨粗しょう症予防効果→閉経後にエストロゲンの減少で骨密度が減少してしまう症状。

大豆イソフラボンを摂取していれば、エストロゲンの代わりをして、骨からのカルシウムの流失を防いでくれます。

最近は、若い人でもストレスや無理なダイエットで、骨密度が低くなっている人が多いので、大豆製品を食べることをおすすめします。

そのほかにも、がん予防(特に乳がん)や悪玉コレステロールの増加を抑える動脈硬化予防や女性らしい体を作るエストロゲンと同様の働きをして、美肌、美白、豊胸(バストアップ)や生理不順の改善など、女性にうれしい効果があるといわれています。

カプサイシンと一緒に摂ると、男女性問わず、育毛によいとテレビで見ましたが、あるある大辞典なので、確かな情報かは?


大豆イソフラボンの摂取量


一日の摂取量は、豆腐なら1/3丁、納豆なら1パック

毎日、食べるのが大変ならサプリメントもいい方法です。

アグリコンタイプのサプリメントなら、30mg

配糖体タイプのサプリメントなら、50mg

体内で蓄積されない成分なので、毎日摂り続けることが大切です。

継続するものだから、摂りすぎで健康被害にあわないように過剰摂取に気をつけましょう。


このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/08/22 23:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
サプリメント ブックマーク
効果で探す
FC2カウンター
ワンクリック
応援してもらえるとうれしいです。




QRコード
モバイルからも簡単アクセス
QR

サプリメント 全ランキング

ブログ

あわせて読みたい