おすすめサプリメントや健康・美容関連商品

カテキン 

花王のヘルシヤ緑茶やサントリーの黒ウーロン茶など、ダイエット目的や肥満予防に効果があるお茶がブームですね。

お茶の健康成分カテキンが脂肪代謝を助けるようです。




カテキンとは

カテキンは緑茶などのお茶の渋み成分で、フラボノイドの一種。
抗酸化力が強く、体脂肪を減らす作用があるといわれています。

まずは、茶カテキンのお話の前に避けて通れないお茶のお話から・・・

お茶には、白茶や緑茶、ウーロン茶に紅茶、黒茶などたくさんの種類がありますが、もとはカメリアシネシスという同じ茶葉です。

なぜ、同じカメリアシネシスを使っているのに、それぞれのお茶で味に特徴があるのかとかというと、同じカメリアシネシスでも製造工程における加工の仕方が違うだけなんです。

  • 白茶はつんだ茶葉をそのまま日干しにしただけのもの。
  • 緑茶はつんだ茶葉をすぐ熱処理して、緑色を保ったもの。
  • ウーロン茶は茶葉を天日で干して、発酵させて、熱して揉んで乾燥したもの。
  • 紅茶はウーロン茶をさらに長く発酵させたもの。
  • 黒茶は緑茶を麹菌で発酵させたもの。

新鮮な茶葉にはカテキンとポリフェノール酸化酵素が含まれています。

摘まれた茶葉を揉むことによってポリフェノール酸化酵素がカテキンに働いて、発酵が進み、カテキンが連なったテアフラビンやテアルビギンができます。

ポリフェノール酸化酵素の働きで発酵が進めば進むほど、カテキンはテアフラビンやテアルビギンに変化してしまうので減ってしまいます。

ポリフェノール酸化酵素の働きによってカテキンを減らさいように、茶葉の製造工程で熱処理が入っています。

茶葉を発酵させないほうが、単純にカテキン含有量は多いので、全く発酵させていない白茶や緑茶が最もカテキン含有量が多く、次に半分程度発酵させたウーロン茶、その次にウーロン茶からさらに発酵の進んだ紅茶、最後に発酵しきった黒茶という順番になります。


カテキンの効果

ダイエット効果

茶カテキンをとることによって、肝臓や筋肉で体の中の脂肪消費酵素が活発に活動するようになって、脂肪をエネルギーとして消費しやすくなります。


心臓病予防

お茶の消費量が増えると、心筋梗塞や心臓病のリスクが減ることが確認されています。


がん予防

抗酸化物質であるカテキンは、がんのもととなる体内の活性酸素と刺し違えて、がん予防に効果があるといわれています。が、試験管や動物実験、さらに一部の人を対象にした実験では効果が確認されていますが、否定的な意見もあるので、今のところはがん予防については気休め程度に考えるのがいいように思います。


カテキンはその他にも口臭予防効果胃潰瘍の原因となるピロリ菌を減らす効能があるといわれています。


カテキンの副作用

お茶と薬は一緒に飲んではだめ。ってよくいいますよね。

お茶の健康成分カテキンは、小腸でノンヘム鉄の吸収を阻害します。サプリメントの鉄分や乳製品、ほうれん草などの鉄分はノンヘム鉄です。

ノンヘム鉄と緑茶を一緒に摂ると、ノンヘム鉄の70%程度の吸収を阻害しますので、鉄分不足の人は注意しましょう。

また、カテキンは抗血液凝固剤ワルファリンの働きを抑制するので、ワルファリン服用者は大量に緑茶を飲まないようにしたほうがいいみたいです。


カテキンの摂取量

体脂肪を減らす効果を期待してカテキンを摂るなら、一日の摂取目安量は500~600mg程度。大体緑茶なら10杯分ぐらいです。

また、一日に720ml程度のお茶を飲む人は、飲まない人より心筋梗塞になるリスクが11%程度少ないらしいです。

茶カテキン配合 サプリメント

カテキンはサプリメントから摂るのも良い方法ですが、最近は特定保健用食品として認めたれた、花王のヘルシア緑茶やサントリーの黒ウーロン茶などもおいしくて一日の摂取目安量がわかりやすいのでいいかもしれませんね。


花王 ヘルシア緑茶

茶カテキンの力で脂肪をエネルギーとして消費しやすくするそうです。


サントリー 黒ウーロン茶

小腸では中性脂肪になりやすい脂肪の吸収を阻害するそうです。


このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2009/10/28 17:55 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/08/05 05:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
サプリメント ブックマーク
効果で探す
FC2カウンター
ワンクリック
応援してもらえるとうれしいです。




QRコード
モバイルからも簡単アクセス
QR

サプリメント 全ランキング

ブログ

あわせて読みたい