おすすめサプリメントや健康・美容関連商品

カルシウム 

「最近背中や腰が痛むようになった」「転んだだけで骨折した」そんなあなたはカルシウム不足からの骨粗鬆症予備軍かも?

最近では無理なダイエットや運動不足から若い世代にもカルシウム不足が急増しています。

命と健康に最重要なカルシウムを上手な摂って、骨粗鬆症を予防しましょう。




カルシウムとは

カルシウムが骨を丈夫にすることは有名ですが、高血圧や動脈硬化を予防したり、イライラを抑えたりと、わたしたちの健康にとても重要な役割を担っています。

カルシウムは体に一番多く含まれるミネラルで、人体ではリン酸とくっついてハイドロキシアパタイトとして存在しています。

カルシウムの99%は骨や歯に貯蔵されて、残りの1%が血液中にあって、脳の神経伝達物質の放出や臓器の機能を正常に保つ大切な役割を果たしています。

カルシウムの効果

骨粗鬆症予防効果

カルシウムが不足すると、血液中のカルシウム量を維持するために骨に貯蔵されているカルシウムが溶け出します。

そのままカルシウムが不足した状態がつづくと、骨の中のカルシウムが欠乏状態になって骨粗鬆症(こっそしょうしょう)になってしまいます。

特に女性はもともと骨が細く、加齢とともにカルシウムの吸収力と骨の代謝に重要な女性ホルモン(エストロゲン)が減少して骨からカルシウムが溶け出しやすくなるので、カルシウム不足による骨粗鬆症に注意が必要です。


高血圧・動脈硬化予防

カルシウムが不足すると、血液中のカルシウム量を維持するために骨に貯蔵されているカルシウムが溶け出します。

溶け出したカルシウムが血液中に蓄積されて、骨はカルシウム不足なのに血液中にはカルシウムが余っているカルシウムパラドックスがおこります。

カルシウムパラドックスにより、動脈は余ったカルシウムで硬くなって動脈硬化や高血圧になってしまいます。さらにすすむと、血管内に血栓ができやすくなり心臓病や脳溢血のリスクが高くなります。


iq サプリメント

カルシウムには脳内の神経伝達物質の放出や神経の電気的興奮を伝えたり、神経の興奮を和らげてイライラを予防する効果があります。


カルシウムはその他にも、酵素の活性化や心臓の鼓動の調節、血液の凝固、筋肉の収縮や筋肉の興奮を鎮めたり、と健康にとってとても重要な役割を果たしています。

カルシウム 副作用 摂取量につづく


このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2007/10/24 23:53 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2007/10/25 00:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
サプリメント ブックマーク
効果で探す
FC2カウンター
ワンクリック
応援してもらえるとうれしいです。




QRコード
モバイルからも簡単アクセス
QR

サプリメント 全ランキング

ブログ

あわせて読みたい